小児歯科Pediatric dentistry

Pediatric dentistry小児歯科

Pediatric dentistry 小児歯科

ユニットから見えるキッズスペースでより安心な治療を

「子どもを連れて歯科に通うと、自分が治療を受けている間は目が届かないので心配」というご両親や、おじいちゃん・おばあちゃんにもご安心いただけるように、当院にはキッズスペースに目が届くユニットもご用意しております。
互いに目が届くことによって保護者の方も、お子様にとっても大きな安心につながるものと考え「お子さんの治療とご自身の治療を一緒に」というご要望をより叶えやすくするための診療ユニットとなっております。もちろん、プライバシーにより配慮した別のユニットもご用意しておりますのでご安心ください。

健やかな成長」を支えるお口の環境作り

「乳歯ならいずれ抜けて、永久歯が生えてくるから」とお子様の虫歯についてそこまで重大に捉えないご両親もまだいらっしゃいます。しかし、歯の健康は成長にも大きな影響を与えるということを是非知っておいていただきたいと思います。
仮に歯の左側に虫歯が出来たとします、違和感を感じるようになったお子さんは食べ物を噛む際に右側の歯ばかりを使うようになるでしょう。するとまだ発達途中のお子さんの場合には、顔にも歪みが出てしまうことがあるのです。きちんと定期的に歯科で受診をしていればこういったことはあまり起こりません。また仮に虫歯になってしまった場合でも早い段階で処置ができていれば、骨格などお子さんの成長に与える悪影響は最小限のものとすることができます。
末広・金町・柴原・東金町・原田・花の木など周辺の各小学校、常盤・新宿・東金町など周辺の各中学校など学校の定期健診によって指摘を受け、当院へ初めて通われるお子様の歯の治療についてもお気軽にご相談ください。

歯医者さんが痛い・怖いとならない通院習慣を

歯医者さんが痛い、怖いと思ったのはいつですか?物心がついたころにはもう怖かったし、痛かったという方が多いかと思われます。これは、日本人とお医者さんの関係性も関係しているのです。日本人は「痛い」「どこか調子が悪い」といった状況が無いと、「お医者さんに診てもらうのは申し訳ない」と考える人が今でも多い傾向にあると思われます。
しかし、これが歯医者さんに対するネガティブな印象につながってしまうのです。「歯が痛い」という時点で、虫歯などはもうかなり症状が進行している状態です。初期の虫歯なら痛みを伴わない形で治療できていたかも知れません。
「痛くなってから歯医者さんに行く」という習慣になってしまうと、治療のときに感じた痛みが怖さを生み、自然と歯医者さんから足が遠ざかってしまうことにもつながります。「3ヶ月~半年に1度は、行くところ」という習慣が幼少期のうちから身についていれば、虫歯や歯の生え変わり、歯並びのことなどについても早い段階から専門的なケアを受けることが可能になります。お子さんにとっても気軽に通えて、何でも相談できる場所。当院はそんな歯科医院でありたいと考えます。

健やかな成長」を支えるお口の環境作り

Contents 診療内容

ブラッシング指導

成長過程にある子どもの口の中は、乳歯や永久歯が混在し、成長も早いため常に変化しています。成長過程に合わせた歯ブラシで、適切なブラッシングができていることが重要です。
当院ではお子様一人一人に適したブラッシング方法を丁寧に指導させていただきます。
そして、どうしてもお子様だけでは歯磨きが不完全になってしまうことがありますので、親御さんによる仕上げ磨きのアドバイスも行なっています。
ご家庭で正しいブラッシングを続けていただくことで、お子様のお口の健康が維持されますので、親子で一緒に頑張っていただけるよう当院もサポートいたします。

お子様がご自分で上手に歯磨きができた時には、どうぞ目一杯褒めてあげてください。小さい頃から歯磨きの習慣が根付くことは大人になってからも財産となります。

フッ素塗布

お子様の歯は大人の歯に比べてやわらかいため、フッ素を歯面に塗布することで歯質を強くし、虫歯菌への抵抗力を高めていきます。 また、フッ素の効果は永久ではないので定期的に歯の表面に塗布することで虫歯予防につなげます。

ごく初期の虫歯であれば、フッ素の塗布によって歯の再石灰化が促され、虫歯の治癒が期待できるケースもあります。

シーラント

乳歯の奥歯や、生え変わってすぐの永久歯の奥歯の噛み合わせが深い箇所には、食べかすが入りやすく、またブラッシングもしにくいため、虫歯になりやすいという傾向があります。 そこで、虫歯になる前にあらかじめ歯科用のプラスチック樹脂でその溝を埋めておくことで、虫歯を予防する治療法がシーラントです。

外傷の治療

活発なお子様は、ぶつかったり転んだりしたことで、唇やお口の中が切れてしまったり、歯を強く打ったり、折れたりしてしまうことが少なくありません。
当院ではお口の中やお口周りの怪我にも対応しております。また、ぐらついてしまった歯の固定、歯の再植、唇や歯肉を縫って止血させる処置などもおこなっています。

外傷によって歯が抜け落ちてしまった場合

歯を歯の専用の保存液や生理食塩水に入れて、なるべく早めに受診してください。抜けてしまった歯をとにかく乾燥させないこと、水洗いをしないことが重要です。
保存可能と思われる抜け落ちた歯は元の位置に戻す再植を行うことで、定着が期待できます。
歯が抜け落ちてから受診までの時間が早ければ早いほど再植手術がうまくいく率が上がりますので、緊急の際もまずはあわてずご相談ください。